プロフィール

ポリ馬鉄

Author:ポリ馬鉄
FC2ブログへようこそ!

リンク
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
注目アイテム
マンガ

マンガ・集英社

マンガ・講談社

マンガ・小学館

マンガ・秋田書店

雑誌

ムック

アニメ・DVD

アニメ・DVD

アニメ・おもちゃ

ガンダム・本

ガンダム・DVD

ガンダム・おもちゃ

ガンダム・ゲーム

フィギュア

フィギュア

声優・写真集

声優・音楽

ラノベ

特撮・本

特撮・DVD

特撮・おもちゃ

ウルトラマン・本

ウルトラマン・DVD

仮面ライダー・本

仮面ライダー・DVD

仮面ライダー・おもちゃ

戦隊・本

戦隊・DVD

戦隊・おもちゃ

ゲーム・PS3

ゲーム・PS2

ゲーム・PSP

ゲーム・Xbox 360

ゲーム・Wii

ゲーム・DS

ゲーム・3DS

三国志・ゲーム

三国志・DVD

三国志・おもちゃ

野球・本

野球・DVD

野球・ゲーム

サッカー・本

サッカー・DVD

サッカー・ゲーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
蜀随一の忠臣は魏延

*** [ もくじに戻る ] ***



5 :名無し曰く、:2008/02/04(月) 12:33:49 ID:n7nt2Usq
     同意せざるおえない

7 :名無し曰く、:2008/02/04(月) 14:03:39 ID:g2GaM8hB
     基本的には同意したい。
     明らかに義理を欠かし、造反の疑いがあり、用兵の知もないような人材を
     大軍の総大将の地位につける訳がない。

8 :名無し曰く、:2008/02/04(月) 15:14:52 ID:TFO5Pge1
     武力はもう少し下げてもいいと思う
     かわりに統率、知力、政治はもっと高くていいかな
     10年間漢中を治めたのなら武力馬鹿はありえない
     あとは義理
     かなり義理堅い奴だよな、実際は

9 :名無し曰く、:2008/02/04(月) 15:36:37 ID:QT3VQjlX
     ただの権力闘争が孔明が嫌いってだけで悪役に…
     蜀には忠誠を誓ってたはずなのにかわいそう

10 :名無し曰く、:2008/02/04(月) 15:48:33 ID:TFO5Pge1
     つーか、諸葛亮は魏延をすごく重用してるだろ
     地位でみるなら劉禅、諸葛亮に続くNO.3じゃん
     北伐において諸葛亮ばかりにスポットが当たるが
     実際は魏延を含めた蜀将全員での成果

12 :名無し曰く、:2008/02/04(月) 16:10:20 ID:TFO5Pge1
     魏延が実権を奪還しようとした、というより楊儀と費イらが
     実権を手に入れるために魏延をはめた、という感じかな
     正直、魏延の対応にも問題がある気がするが、
     受身側の魏延と積極的に魏延を悪者扱いしている楊儀側を見るとね

16 :名無し曰く、:2008/02/04(月) 18:46:44 ID:W0Dvqz8j
     まあ軍事能力については、魏延のが諸葛亮より上なのは確か
     ただ宰相でもあり、蜀の国力を誰よりも熟知している諸葛亮にとっては
     正攻法をとって、相手の隙に乗ずるような戦法しか取らざるをえなかったのかも
     小勢力が侵攻作戦とること自体が無茶なことだし

21 :名無し曰く、:2008/02/04(月) 20:02:10 ID:+pQ0fJbl
     劉備には重用されてたんだが。

23 :名無し曰く、:2008/02/04(月) 20:48:58 ID:yczhdvQR
     名前に魏って入ってたのがいけなかったのかな

24 :名無し曰く、:2008/02/04(月) 21:16:09 ID:TFO5Pge1
     演義が有名になりすぎたせいだろ
     正史も絶対ではないが、演義は小説だからなー
     劉備とか孔明とか主役補正が入っているキャラもいれば
     割を食らうキャラもいる

25 :名無し曰く、:2008/02/04(月) 21:57:55 ID:ij4wFdvE
     ギエンの方が趙雲よりも爵位は格上ってのはどういうこと?

26 :名無し曰く、:2008/02/04(月) 22:27:30 ID:jHVGY+87
     普通に考えて活躍の度合い

28 :名無し曰く、:2008/02/04(月) 22:51:04 ID:TFO5Pge1
     だが、最近は正史基準のキャラも増えてきたわけで
     魏とか呉のキャラのことだが
     ならば、割り食っている魏延もいくらか正史基準を取り入れても
     バチはあたらねーだロー、と主張するのです
     劉禅とか劉障もそうだね
     演義基準と正史基準の二つを用意するのがわかりやすいのだが、
     手間がかかるしなー

31 :名無し曰く、:2008/02/05(火) 01:50:38 ID:JMfbzgkE
     >>12
     魏延を嵌めたってのは言い掛かりだろ。
     楊儀・費イは遺言通りに撤退を実行しようとしただけで、
     それを不服として実権を握ろうとしたのが魏延。
     どう考えても魏延の分不相応な自滅としか見えない・・・。

     >>16
     魏延も優秀な軍人だが、どう考えても諸葛亮より上って言えるほどじゃない、
     っていうか魏延は戦略思考に欠けてるんで、
     総合で見れば諸葛亮より下だと思う。
     戦術に限定しても司馬イと良い勝負して、
     張コウを討ち取ってる諸葛亮は大したもの、
     直接の戦闘に限ればほぼ無敗と言って良いくらいだ。

32 :名無し曰く、:2008/02/05(火) 02:50:35 ID:rN92c0GP
     劣化した孔明路線継承はそもそも前途に希望が無く重い負担により民心の
     離反も招いて蜀の滅亡につながっただ。
     余力がある内に乾坤一擲の勝負に出るしか道は無いと信じたんだよ魏延は。

34 :名無し曰く、:2008/02/05(火) 08:58:55 ID:XC1I/1Ij
     孔明死後の魏延の行動は、「角の夢」のエピソードで説明できると思う。
     蜀の今後に危惧を持っていた魏延が、
     趙直の話を聞いて「それなら俺が!」って思ったんじゃないかな。
     そもそも陳寿は無駄なエピソードを記述する人じゃないし、
     その陳寿がこの話をここに記述したのはそういう理由じゃないかな。

     で、この趙直が費イの手下だって言うから、話がきな臭くなる。
     そもそも楊儀も、劉備や関羽に認められたほどの男だし、
     周りがはばかる魏延に正面からものを言う、骨のある男だよね。
     それが、魏延への憎しみをあそこまでエスカレートさせてしまったのを見ると、
     費イは仕事(両者の和解)してないんじゃないかと思ってしまう。
     その挙句にあの最後だしね。やっぱり費イが怪しい。

40 :名無し曰く、:2008/02/05(火) 12:35:51 ID:YK9Fjuht
     実際費イはキナ臭いけど
     尻尾をつかませないのが才能

43 :名無し曰く、:2008/02/05(火) 19:44:50 ID:Ww90UAQo
     べつに反乱じゃねえし夏侯淵が死んだ後に張コウが軍権を得たように、
     トップが死んだらそれに次ぐ軍権を持っていた魏延が
     自分が兵をまとめますよってのは何もおかしい話じゃないし。

44 :名無し曰く、:2008/02/05(火) 20:13:25 ID:vRi7/V1k
     蜀随一の単細胞は魏延

     20万程の兵が駐屯してたと思われる長安を
     子午谷を通って数千の兵で猪突しようとしてた。
     それが受け入れられないと後々反逆

46 :名無し曰く、:2008/02/05(火) 20:52:34 ID:MFo5qB2N
     >>40
     だから費イの政治力が高くても良いと思うぜ。

     魏延は派閥政治が弱い気がする、
     しかしそれを補ってあまりある軍事能力が有るとも思う。

63 :名無し曰く、:2008/06/11(水) 19:23:27 ID:EnxP52z7
     コーエーの三國志でも
     セガの三国志大戦でも

     それなりに評価されてるからいいじゃん

67 :名無し曰く、:2008/06/24(火) 13:37:32 ID:2DXkTw8N
     張飛さしおいて漢中太守で実績もありまくり
     孔明亡き後自分が遠征軍の大将と自認するのは
     仕方ないんじゃないかな

68 :名無し曰く、:2008/06/25(水) 00:39:59 ID:2OTtNqld
     というかギエンの勇猛さは嫌ってた公明も認めざるを得ないものだったんだろ
     実績からいっても当時の蜀1番だろうし
     ギエンより昔から劉備に仕えてたのだってリョウカ(笑)くらいじゃね?

76 :名無し曰く、:2008/07/11(金) 23:31:03 ID:s4q0vYjO
     ヨウギが嫌いなだけだったんだけどな、クーデター起こしたのもw
     本当に義理が低いなら魏に寝返ってる

77 :名無し曰く、:2008/07/18(金) 12:02:32 ID:Psmmmrav
     張コウ討ったのは魏延じゃないよ
     追撃したら待ちかまえてた殿軍が参上から矢を降らせてアボン
     この殿軍の指揮官は不明

82 :名無し曰く、:2008/08/05(火) 02:01:12 ID:rf6OXJSH
     魏延最高!
     大好きな武将ですよ。
     コーエーのゲーム内ではイマイチ最高の評価をもらえてないんだけど、
     三國志Ⅳの武将ファイルだと、
     「知勇兼備の漢中太守」とかって持ち上げられてたなぁ…
     軍事系能力は諸葛亮より上でいいんじゃね?

83 :名無し曰く、:2008/08/07(木) 23:38:36 ID:VYYD3cwq
     孔明は史実でこそ統率90代はあるってことが分かってないな。

     張コウを討った軍の指揮官は孔明。現場の伍長レベルなら分からんけど。
     北伐レベルのキャンペーンを総指揮した指揮官は他にいない。

85 :名無し曰く、:2008/08/08(金) 21:38:28 ID:xF2uLj5g
     ところで、孔明が魏延にやった陰険な行ないは演義の創作だよな?
     反骨だから処刑しろとか、魏軍もろとも魏延を焼き殺そうとするとか。
     正史の魏延は征西大将軍だ南鄭侯だとかなり出世してるし、
     孔明は魏延の才能を高く買ってたと思う。

86 :名無し曰く、:2008/08/09(土) 03:41:12 ID:SM9Ju8EQ
     そうだね
     孔明は実際に魏延を評価していたし、
     北伐における孔明の片腕と言っていいと思う

87 :名無し曰く、:2008/08/09(土) 22:46:29 ID:Ocg+lMIk
     孔明は魏延と楊儀の能力を高く買っていたが
     二人の不仲を嘆いていたんじゃなかったっけ?

89 :名無し曰く、:2008/11/02(日) 11:36:00 ID:EOEVyT1o
     孫権は孔明が外にはギエン、内にはヨウギを用いてるって聞いて、
     「二人ともそれほどの人物ではない」って忠告してたぞ

91 :名無し曰く、:2008/11/02(日) 11:59:04 ID:Fq/JtKfW
     孔明は人材登用の才能はあまり良くなかったみたいだね
     劉備にもその点を指摘されてるし、
     馬ショクもあまり重用するなといわれてたし、

     カンウやリゲンでも失敗しているし
     バショクを止められなかったし、
     モウタツも結局は孔明の失敗だし

107 :名無し曰く、:2009/01/31(土) 14:28:41 ID:roLoeipZ
     随一ではないけど忠臣ではあったんだろうな
     要は権力争いに敗れたってだけの話。

108 :名無し曰く、:2009/02/02(月) 10:57:09 ID:OTI3Et4z
     楊儀がより狡猾だったというだけの話でしょう

     まあ魏延殺しておいてのちに何をやったかと言えば
     左遷されてそのまま人生転がり落ちてるんだから
     蜀にとっては有能な将軍失った分楊儀は足引っ張っただけだな

109 :名無し曰く、:2009/02/03(火) 13:06:45 ID:h6VXXIsm
     ようぎは一度りゅうびに首にされてて死後
     孔明に重用された。
     孔明はきょうい、ばしょく、ようぎなど賢い人間は認めていたが
     ぎえんなどやちんしきとか、武官には厳しい気がする
     人材不足もぶっちゃけ武官で有能なのが足りなくなっていくわけだし

     ぎえんは別に忠臣でも裏切りでもない
     わりと普通の義理をもった武将で自尊心が高いってとこが俺の印象
     それよりはばたいのほうが忠臣だと思う。

     孔明って実は人間関係で不器用なとこがあったんじゃないだろうか・・・

117 :名無し曰く、:2009/05/24(日) 02:56:51 ID:s8ZcI2zb
     演義しか知らんが、演義の魏延は元々劉表配下の劉備シンパで、
     曹操が攻めてきた時劉備につこうとしたんだよね
     で、その後も処刑されそうになった黄忠を救い、
     五虎将に勝るとも劣らない活躍、漢中太守という大役も果たしてる
     確かに内紛を起こしてるが魏や呉に降った訳でもないし、
     降伏・内紛・裏切りなんて劉備しかり曹操しかり皆やってるよね
     何故ホウトクや張コウと対照的に悪役まがいの扱いをされるんだろう?
     黄忠なんて助けられた癖に「魏延は処刑すべき」とか言い出すし、
     皆魏延に対して冷たいよ

118 :名無し曰く、:2009/05/24(日) 03:53:13 ID:ntG1BO69
     皆、というより、孔明(演義)に嫌われる役回りを振られた

     演義では出廬のあと、
     しばらく関張に胡散臭いヤツ扱い→策が大当たり→
     天才軍師孔明の実力を認めさせる
     という演出だったが、
     同様の演出が用いられた
     特に魏延は、長安急襲発言や粛清による最期などから、
     「事あるごとに天才軍師孔明に逆らう悪いヤツ」
     という講談師好みのキャラ設定にうってつけだったんだろう


     まあ、味方の信を得られずにかつての敵に味方する、というのは
     姜維(演義)も魏延(演義)も対して変わらないんだが、
     (もちろん、正史では二人ともまったく演義と事情がことなる)
     かたや正義の忠臣、
     かたや悪逆の外道呼ばわり。

     いかに蜀の都合に肩入れした演義とはいえ、あまりにヒドすぎね?

124 :名無し曰く、:2009/05/25(月) 11:10:06 ID:hkmMPKNL
     なんで諸葛亮って演義でやたらよいしょされたんだろ
     世相がそうだったのか、ラカンが諸葛フェチだったのか

127 :名無し曰く、:2009/05/27(水) 02:44:15 ID:nHbPQHEX
     >>124
     諸葛亮は、魏延に関して言えば、
     ヨイショされてるというよりむしろDQN属性を付加されてるような…。
     少なくとも日本人の価値観では、
     魏延に謀反の芽を植え付けたのは孔明自身としか読めない。
     占い的に後頭部が気に入らないから斬ろうぜ!とか、
     めんどくせーからついでに焼き殺しちまおうぜ!とかありえんだろ。
     これが中国的英雄像なのか…?
     中国人のリアル知り合いが出来たらこの辺りどう思うか聞いてみたい

139 :名無し曰く、:2009/06/01(月) 18:12:30 ID:wcZLHbpQ
     なんで劉備があれだけ信任したのか気になるよねえ
     そのときは他にも能力ある武将はいたんだから
     魏延の能力だけを買ったわけじゃなさそうだし
     やっぱ、同じ下層階級出っちゅう親近感があったのかな?

140 :名無し曰く、:2009/06/01(月) 22:45:47 ID:JdMXVELA
     このレベルの武将なら普通優遇するだろ
     孔明の器が狭すぎるだけ

141 :名無し曰く、:2009/06/02(火) 15:09:44 ID:XFY4enMT
     王道な猛将型の名将だったから扱いづらかったんじゃねえの?

142 :名無し曰く、:2009/06/02(火) 15:54:02 ID:hL4lUx2S
     >>141
     官僚的な将軍ではないからねぇ
     関張の系列に位置する、成り上がりの劉備軍らしい将軍だよね

147 :名無し曰く、:2009/06/04(木) 16:07:27 ID:GY/5Hlj4
     諸葛亮は最大限に魏延を尊重して優遇してただろ

163 :名無し曰く、:2009/06/09(火) 21:52:13 ID:vudQloBP
     三国無双の魏延は良かった
     最初は「色物かよクソッ!」と思ったけど、SLG三國志と違ってちゃんと忠臣になってた

164 :名無し曰く、:2009/06/09(火) 22:05:26 ID:HMrX+3G2
     無双の魏延は忠臣だなぁ、無双3猛将の外伝のシナリオは結構カワイソスだったけど…
     地味にホウ統先生と仲が良いんだよな

165 :名無し曰く、:2009/06/09(火) 22:50:07 ID:L+88jvm7
     無双の魏延はイメージと違いすぎる
     どこのジャングル黒ベエだよ

167 :名無し曰く、:2009/06/11(木) 06:28:28 ID:8BuI3pr2
     鼻っ柱が強いだけで別に忠臣ってわけじゃないなあ
     ほんとに国のこと考えてるなら
     揚儀との確執を国事にまで持ち込むことはしない
     蜀を裏切ることはこれっぽっちも考えてなかっただろうけど

170 :名無し曰く、:2009/06/12(金) 12:49:14 ID:Dy/Ux46F
     忠義云々はともかく、
     魏延の粛清によって蜀の滅亡が早くなったことは事実だろうな

172 :名無し曰く、:2009/06/13(土) 02:09:31 ID:03gs9Rol
     >>170
     姜維が孔明の遺志に執着して北伐に固執したように、
     どうも魏延は劉備の遺志に執着して北伐に固執したきらいがあるから、
     当時軍部の頂点にいた魏延の粛清はむしろ蜀の寿命を延ばしたと思うよ

     ただの推測だけど、そういう風に考えると
     蜀の方向性が争点で政争していたのかもしれないな
     魏延の死後は姜維が台頭してくるまでは北伐は頓挫していたわけだし
     とすると魏延は本当に孤立していたのだろうか?と妄想は広がるな

173 :名無し曰く、:2009/06/14(日) 12:25:28 ID:4g8WvjNH
     長安急襲してたらどうなったろうね

174 :名無し曰く、:2009/06/14(日) 13:50:55 ID:4KiIcNiy
     馬謖とか生きてりゃ蜀後期もここまで人材不足にならずにすんだのに
     結局全て孔明のせいだよな

175 :名無し曰く、:2009/06/14(日) 16:16:46 ID:18cgJICy
     >>174
     馬謖は軍務をするべきじゃなかったな
     戦場ではなく成都で謀をしていた方が良かった

176 :名無し曰く、:2009/06/15(月) 02:56:27 ID:a2DPb9w+
     最近思うけど魏延と姜維って似てるよな?
     お互い田舎の猪武者で、無謀な作戦立てては文官に却下されるし
     最後は反乱で失敗して殺された
     むしろ投降の経緯や母親への手紙見ると姜維のが危ない奴に見えるが…
     なんでこんなに扱いに差がついたんだろうな

181 :名無し曰く、:2009/06/15(月) 21:59:06 ID:R6eDcHwk
     >>173
     奪い返されて大敗北だと思うよ
     一足飛びに長安を襲撃したってその後どうするのかが問題
     戦線と言われるように拠点は線で繋がれなきゃいけないのに、
     奇襲路に使われるような貧弱な線で
     長安という点を強引に確保しても無意味

     結果論で言えば結局孔明のやり方は失敗したわけだから
     魏延の博打策に賭けてみるべきだったかもしれないけどね。
     俺は魏延贔屓だが、孔明の判断は軍事指導者として
     至極真っ当だったと言わざるを得ない。

182 :名無し曰く、:2009/06/16(火) 15:51:19 ID:b4HnI28m
     蜀は漢を名乗る以上北伐は無理にでも続けなきゃダメなんじゃないの
     魏を逆賊扱いするために国民に嘘まで付いてたんだし
     北伐やめたら蜀漢の存在意義がなくなってどっちが朝敵だよって話になる
     後継が魏延にしろ姜維にしろ同じ運命だったんじゃね

183 :名無し曰く、:2009/06/16(火) 16:37:05 ID:jTeuuYPV
     蒋苑と費緯は北伐しなかったけどな
     一回だけ上庸攻略しようとしたけど

184 :名無し曰く、:2009/06/16(火) 21:21:27 ID:8jlsmrK7
     >漢を名乗る以上北伐は無理にでも続けなきゃ

     こう思ってたのは孔明だけで
     民衆はそんな虚名なんかどうでもいいから丞相生きててよって思ってたろうな

185 :名無し曰く、:2009/06/17(水) 07:04:41 ID:fd3HsnKH
     >>184
     孔明は別に「漢」の虚名に拘ったわけじゃなくて、
     攻撃は最大の防御と捉えていたんじゃないの?
     事実一時的には涼州を勢力圏に組み込む事に成功してるし、
     ジリ貧状態を突破するには動くしかないと考えていたんだろう。
     魏延や姜維にそこまでの戦略眼があったかは謎だけどな。
     こいつらは大軍を率いる才幹は蜀では五指に入る
     貴重な人材だったかもしれないけど、戦争指導者としては並以下だろうし。

191 :名無し曰く、:2009/06/18(木) 19:16:52 ID:9VkMC17x
     しかしまあ後世に地図を見て戦略を語るのは簡単だけど
     実際に眼前に脅威があるのとは違うからな。
     諸葛亮が異常なのはほとんど後世視点並みの戦略眼があったからだし
     長安が落ちたらそれ自体に効果や衝撃がでかく、西涼だけでなく周辺の豪族も
     恭順する可能性はあったろうから面白い作戦だったとは思う。
     ギエンのはギャンブル
     諸葛亮は冷静な戦略的な判断ってことだからな

192 :名無し曰く、:2009/06/19(金) 00:44:48 ID:O4hwvGu9
     >>191
     そう。面白いけど博打要素高いんだよな。
     長安奇襲策が実施されたとして、
     もし成功してたら多分現代では名将扱いだったろうけど、
     失敗してたら馬謖以上の敗北者扱いだったろうな。

193 :名無し曰く、:2009/06/19(金) 01:27:28 ID:3YioXcbT
     長安って呂布でも落とせなかったんじゃなかった?
     そんな弱い城ではないし、落とせなかったら挟撃くらって全滅だしな…。

196 :名無し曰く、:2009/06/23(火) 16:35:25 ID:kaJxjgiV
     >>176
     なんか知らんが姜維は知勇兼備で諸葛亮の後継って事になってるな
     気に入られてたなは確かだが、とてもそんな才人とは思えん

197 :名無し曰く、:2009/06/23(火) 18:37:07 ID:4FP6Xqc1
     >>196
     気づいたらキョウイくらいしかめぼしいのがいなかっただけだと思う
     あとは自分が苦戦したから相手の格を上げて
     自分の評価が下がらないようにしたとか

198 :名無し曰く、:2009/06/23(火) 23:13:42 ID:Tiqultvu
     諸葛亮が滅茶苦茶評価しちゃったから、
     それで全て決定付けられた感はあるな
     馬謖も街亭の失敗が無かったら今頃天才扱いだったろうな
     まぁ戦争屋としてはそこそこ実績あると思うけど、
     才人かといわれたらな……

199 :名無し曰く、:2009/06/28(日) 16:59:12 ID:FXtlCewq
     何かの本に書いてあったが
     諸葛亮は、国の存在理由としては攻撃はしなきゃいけないけど
     勝てる見込みは全然無いからお茶を濁してたのに
     だから「魏と戦うのに東行ってどうすんの?」という魏延の正論に
     「勝てる訳ねえだろ」と言い返す訳にもいかず
     出師の表で大々的に発表した建前と本音の間で四苦八苦したとかなんとか

     対する魏延は演義を見ても正史を見ても、純粋な理想主義者って感じだな

202 :名無し曰く、:2009/07/10(金) 20:25:40 ID:aCKPWU9P
     流れぶった切るけど、魏延と関羽と張遼って、基本的に同じだと思わない?

     戦績抜群で国家有数の将軍だが、協調性がないため同僚に嫌われる。
     しかも「そんなの無理にきまってるだろJK」ってな策を大真面目に献策する
     (というか関羽と張遼の場合は実行してるw)。

     その中でも張遼が成功できたのは「国家の大事に私情は挟まない」と言って
     協力した優秀な幕僚がいたからじゃないかな。
     関羽は見捨てられ、魏延にいたっちゃ殺されてるからね…
     本人の問題ではあるけど、李典のような出来た幕僚がいれば変わったのでは?

211 :名無し曰く、:2009/10/26(月) 02:12:38 ID:Q3vNU0hP
     魏延の一生、「コイツどうせ裏切るから殺そう!」と軍師に殺されかける
     戦いの最中、見方に火炙りにされそうになる。
     軍師の最後の嫌がらせで、魏延は遺言で、無視される、
     明らかに格下の者を重要ポストにつける。
     これで、グレない方がおかしい。

221 :名無し曰く、:2009/11/16(月) 13:37:14 ID:vNL+uPET
     無駄に厚遇した劉備が悪い

     彼のせいで魏延が他人を見下す性格になってしまった

222 :名無し曰く、:2009/11/16(月) 15:45:12 ID:bjbAiF8b
     内部が呼応するなんて日常茶飯事なのに
     魏延だけ反骨の相とか酷いと思った

226 :名無し曰く、:2009/12/12(土) 22:54:23 ID:1046x+WA
     しかし孔明も魏延諸共自軍の兵士まで焼き殺そうとするのはよくねえよな

228 :名無し曰く、:2010/01/27(水) 19:25:25 ID:AkJXOn45
     >>221
     劉備が魏延を重用したのは政治バランスをとるためだろうね。
     名士中心の社会であった以上、名士を君主が上手く御すためには、
     政治or軍事の中核に非名士層の有力者が必要だったと思われる。

230 :名無し曰く、:2010/01/27(水) 22:18:18 ID:TDNzbDlz
     親愛劉備にさえなってれば
     能力自体(義理含め)は妥当だと思う。
     孔明が『嫌いでも使わざるを得ない』くらい
     優秀な数値じゃないか。

256 :名無し曰く、:2010/04/12(月) 01:12:31 ID:niC3LmFk
     むしろ日本人が過度に判官贔屓だからだと思うが……
     歴史認識なんかは日本も千年程遡れば相当いい加減なもんだ

     魏延は旧主に忠誠心持ってたり時代に取り残されてたりして
     浪花節で日本人受けしやすいからな
     演義での過剰な孔明贔屓への違和感や
     鞏志との扱いの差がきっかけって人も多いだろうが

267 :名無し曰く、:2010/05/03(月) 10:46:23 ID:nNin2kmz
     魏延は張飛と比較されるほど優秀。
     張飛は個人的武勇に優れ後年は知略を用いて戦うようになったが
     軍団長としての才はない。
     魏延は武勇では五虎将には及ばないが姜維よりも上、
     兵を率いて戦う事においては張飛よりも上、
     漢中を治める事に掛けて政治の才もあった。
     戦略戦術についてはよくわからない。
     知謀については性格が粗暴である事を考えれば向いてない。

     結果

     統率89
     武力93
     政治71
     知謀50
     魅力80

     まー何と言うか魏で言えば徐晃ぐらいかな。

279 :名無し曰く、:2010/05/26(水) 23:17:02 ID:3XMRaaTR
     艾みたいに部下が名誉回復でもしてくれてれば
     また違った評価だったんだろうけど
     部下にまで見放される始末だからなぁ

290 :名無し曰く、:2010/09/14(火) 17:13:43 ID:98/0Yp6x
     皆根本から間違えているが
     蜀随一の忠臣は麋竺

291 :名無し曰く、:2010/09/14(火) 21:51:20 ID:0q2vq6Pb
     張任だな

292 :名無し曰く、:2010/09/16(木) 21:02:30 ID:6f3VIP+N
     呉から脱出して蜀に帰ってきた廖化だな

298 :名無し曰く、:2011/01/03(月) 04:27:04 ID:dpxBostq
     三国志12 魏延
     統率 98
     武力 96
     知力 93
     政治 68
     魅力 81


     三国志12 孔明
     統率76
     武力13
     知力79
     政治95
     魅力91

     これくらいが妥当だろ

300 :名無し曰く、:2011/03/12(土) 12:21:30.13 ID:29aqZFZj
     >>298
     統率と魅力は王平に一喝されて兵士が馬岱の300人を除いて全員魏延の元
     から離れたつまり実質全員離れたということだから低い
     武力は馬岱に一刀のもとに切り捨てられたから70台でもいい
     知力は「俺を殺せる香具師はいるか?」を三回いえば漢中を手に入れられる
     と本気で思ってやがったから呂並だし政治はいうまでもねえ
     統率 68
     武力 82~76
     知力 23
     政治 18
     魅力 21

301 :名無し曰く、:2011/03/15(火) 21:08:02.79 ID:ykZLYn+g
     > 武力は馬岱に一刀のもとに切り捨てられたから70台でもいい
     後ろからの不意打ちじゃないかw


[ もくじに戻る ]

スポンサーサイト


三国志 | 【2011-04-16(Sat) 22:15:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。